ほしをみる

「ジョジョの奇妙な冒険」海外の反応まとめ、情報発信ブログ。

【ジョジョ ネタバレあらすじ・感想】第4部「 ダイヤモンドは砕けない」その8(エニグマの少年〜チープ・トリック)

ジョジョの奇妙な冒険」第4部「 ダイヤモンドは砕けない」 漫画ネタバレあらすじその8(エニグマの少年〜チープ・トリック)

f:id:diamondpuppy:20190103225142j:plain

東方仗助・噴上裕也 vs エニグマの少年

新たなスタンド使いに襲われた康一を探す仗助は、入院中の噴上裕也にクレイジー・ダイヤモンドで傷を直す代わりに「臭い」で康一の居場所を突き止めてほしいと取引を持ちかける。噴上が見つけた少年は、「恐怖のサイン」を出した相手を紙に変える「エニグマ」のスタンド使いだった。

エニグマの少年は仗助の母親をも人質にとり、仗助の「下唇を噛む」という恐怖のサインを暴く。少年が「康一」だという紙を道路に投げ捨てた時、仗助はそれが罠だとわかっていながら紙を助けようとし、自身もエニグマの餌食となってしまう。

康一を探すだけでスタンド使いと戦うことはしない、と決めていた噴上だったが、仲間を思う仗助に心打たれ、ハイウェイ・スターでエニグマの少年を追う。しかし少年の策によって仗助と康一の「紙」はシュレッダーに吸いこまれていく。 ついに恐怖のサインを出してしまう噴上。しかし、紙にされたことで噴上自身もシュレッダーに入りこみ、仗助と康一を救出する!仗助はエニグマの少年を紙と一緒にクレイジー・ダイヤモンドで治し、本にして再起不能にする。

噴上裕也 おめぇ…… なんか ちょっぴりカッコイイんじゃあねーかよ…

ぼくのパパはパパじゃない 

自分の「性(サガ)」である殺人衝動を抑えられなくなった吉良は、電車の中でたまたま出会った女・美那子とその彼氏をキラークイーンで爆殺する。しかし、吉良を尾行していた早人がその様子をビデオカメラで撮影していた!吉良はビデオテープを奪うため家の風呂場で早人を追い詰めるが、早人は逆に吉良を脅迫する。

質問を質問で返すなあーっ!

岸辺露伴 vs チープトリック

露伴が火事の修理のために家へ招いた男・乙雅三は、絶対に相手に背中を見せようとしない奇妙な男だった。好奇心から彼の背中を見た露伴だったが、その瞬間、乙の背中が裂け、干からびて死んでしまう。乙は「人に背中を見られると死ぬ」スタンド能力、チープ・トリックによって背中に取り憑かれており、乙が死んだために今度は露伴が取り憑かれてしまった。チープ・トリックは、露伴が集めた吉良と思われる男の写真を焼き捨てるよう、背中から執拗に囁く。

露伴は康一に助けを求めるが、康一はからかわれていると勘違いして去ってしまう。仕方なく、自ら外へ出て承太郎のいる杜王グランドホテルを目指す露伴。しかしチープ・トリックの罠により、大量の犬や猫に囲まれてしまう。

そこへ康一が駆けつけ、チープ・トリックに3 FREEZEで攻撃する。しかし、チープ・トリックへの攻撃は露伴の背中も裂いてしまう。絶体絶命の露伴だったが、実は彼は鈴美のいる「絶対に振り返ってはいけない小道」へと辿り着いていた!康一へ乗り移ろうと振り向いたチープ・トリックは、地獄へと落とされた。

信じてくれッ! 友達だろーーッ

感想 

エニグマ戦では、噴上裕也が味方として再登場!取り巻きの女の子たちを大切に思っている意外とイイ奴だということが判明します。

このエピソードは名言の連発が見どころ。

f:id:diamondpuppy:20190103233322j:plain

自分を危険にさらしてでも康一を助けにいく仗助。自分の傷は治せないという能力を持ちながら、常に真っ先に敵に立ち向かうところもそうですが、本当にまっすぐで仲間思いの主人公です。家族や仲間を人質にした敵への攻撃が容赦ない。

その仗助に心打たれた噴上裕也の「紙にされたのがもし! あの女どもの誰かだったらと思うと てめー おれだってそうしたぜ!」もめちゃくちゃ胸熱。なんでこんなに次々と印象的なセリフが出てくるのでしょうねー。荒木先生のように刺さる言葉を生み出せる人間になりたい…。

 

そして物語は終盤へ向けて加速していきます。吉良もだんだんとボロが出始め、小学生の早人に追い詰められていく。しのぶからそれほど愛されている風でもなかったのに、ママを守ると宣言する早人の決意が光ります。

そして早人のその行動が、地道に吉良を探していた露伴に川尻浩作の存在を気づかせることになります。1人1人の行動が連鎖して、町のみんなで吉良を追い詰めていく展開が熱い。

f:id:diamondpuppy:20190104010429j:plain

チープ・トリック線の最初に4部の全登場人物相関図が出ていますが、改めて見返しても全てのエピソードがうまく繋がっていて、消費回がないに等しいんですよね。ほぼ全てのキャラが個性的でよく作り込まれている。死亡キャラや再起不能キャラも少ないんだなー。

 序盤のほのぼの展開から、終盤に向けてサスペンス色が高まる4部。次回が最後の記事になります。

続きます。

 

↓次の記事↓

 

↓前の記事↓