ほしをみる

「ジョジョの奇妙な冒険」海外の反応まとめ、情報発信ブログ。

【ジョジョ ネタバレあらすじ・感想】第2部「戦闘潮流」その2(シーザー登場〜エシディシ戦)

ジョジョの奇妙な冒険 第2部「戦闘潮流」漫画ネタバレあらすじその2

f:id:diamondpuppy:20181008193942j:plain

ジョセフとスピードワゴンはかつてジョナサンに波紋を授けたウィル・A・ツェペリの孫シーザー・ツェペリに会うためイタリアのローマへ飛ぶ。だがジョセフとシーザーはどうにもウマが合わない。

コロッセオの地下では3人の柱の男(カーズ・エシディシ・ワムウ)がついに目覚める。彼らは太陽を克服し、究極生物になるため「エイジャの赤石」を探している。

 

ジョセフとシーザーはワムウに戦いを挑むが返り討ちにされる。ジョセフはシーザーとスピードワゴンを救うため、逃げ出すフリをしてワムウと一騎打ちに持ち込む。殺されかけるジョセフだが、戦いに誇りを重んずるワムウの心理を逆手にとって駆け引きをし、1ヶ月間の延命に成功!ただし、33日以内にワムウ・エシディシを倒して解毒剤を奪わなければ体内に毒が回って死ぬ「死の結婚指輪」を心臓と喉につけられてしまう。

 

自分の命を囮にしてまでスピードワゴンを助けようとしたジョセフの行動に感動したシーザーは、ワムウ・エシディシを倒すため2人で波紋の修行をすることを決意。2人はシーザーの波紋の師匠・リサリサに会うためヴェネツィアへ。ジョセフは簡単にリサリサに負かされ、呼吸が乱れれば酸欠状態に陥る「呼吸法矯正マスク」をつけられる。

 

ジョセフとシーザーに課せられた試練は24メートルもの大理石の円柱を波紋の力で登りきる「ヘルクライム・ピラー」。波紋のコントロールと戦略でなんとかクリアー。「死の結婚指輪」発動まで残り3週間、2人はメッシーナ・ロギンズという師範代からスパルタ訓練を受ける。

 

柱の男が探し求めている「エイジャの赤石」は代々波紋戦士が守り続け、現在はリサリサの手中にあることが判明する。

そして修行を終えた2人は、「最終試練」へ。ジョセフはロギンズ師範代と闘うことに。しかし闘技場にいたのはエシディシ!柱の男たちはリサリサがエイジャの赤石を持っていることを突き止めていたのだ。ロギンズは既に殺害されていた。

 

ジョセフはエシディシと闘うことになるが、相手の心の動きを読んで闘うことを得意とするジョセフにとって、感情の起伏が読めないエシディシは闘いづらい相手。相手の体に入り込み血液を沸騰させる炎の血管針で攻撃されてしまう。しかし、ジョセフは策を弄してエシディシの体にロープを結びつけ、波紋を流し込む!エシディシは消滅し、ジョセフは解毒剤を手にいれ喉のリングは消える。

 

感想

ついに目覚めた3人の柱の男たち。ワムウは、これまでの敵と違って純粋な悪ではなく誇り高き戦士、割といい奴な印象を受けました。約6ページに渡るジョセフとワムウの駆け引きシーンは、2人の性格を上手く描写していて読み応え抜群でした。

2部は展開が早くていいですね。修行パートに入るとだらだらしてしまう漫画も多いですが、ヘルクライムピラーは2話、師範代たちとの修行は2ページで完結。笑 

ヘルクライムピラーでズルしようとしてリサリサ先生に養豚場の豚でも見るかのように冷たい目で見られるジョセフ。すきあらばズルしたり怠けようとするけどそこがいい。憎めない奴なんですよね〜。

エシディシ戦の見所は何と言っても4ページにわたるエシディシの泣きシーンですね。修行はあんなサクッと書いたのに、泣きだけで1枚絵を2ページも描いてます。この絵がもう…口の曲がり具合とか涙の迸りようとか、荒木先生の気合がすごい。笑 

AHYYY AHYYY AHY WHOOOOOOOHHHHHHH  

アヒイイイ アヒイイイイ アヒイ  ウホオオオオオオオオオオオという泣き声も気持ち悪すぎる。2部はストレイツォの「MMMMMMOOOHHH!! 」とかエシディシ退場時の「DDDOOOOHHHHH!!」「RRRRUUUUUOHHHH!!」とか、横文字断末魔のバリエーションが増えました。泣いた後のエシディシのスッキリ顔、やたらイケメンだし…パンチがありすぎる。

おれ ヒジョーに好きなのよ だましの「手品」がッ!

一旦は心を読む特技を逆に使われるなど追い詰められるジョセフですが、説明絵を読んでもよく理解できないロープマジックで華麗に切り抜け、エシディシを倒しました。

熱い男なんだけど、駆け引きシーンといいピンチの時ほど不敵に笑って冷静に攻めていく姿勢が本当にかっこいいんだよな〜。頭がいいのももちろんなのですが、この度胸がジョセフの強さの理由だと思います。

お互い直接は言わないんだけど、闘いを通してジョセフとシーザーの友情がだんだんと深まっていく過程も熱いな…!

続きます。

 

↓次の記事↓

 

↓前の記事↓