ほしをみる

「ジョジョの奇妙な冒険」海外の反応まとめ、情報発信ブログ。

【ジョジョ アニメ感想】第5部「黄金の風」 第6話「ムーディー・ブルースの逆襲」

ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」 アニメ第6話「ムーディー・ブルースの逆襲」あらすじ

f:id:diamondpuppy:20181110010429j:plain

明かされるアバッキオの過去。 高校を卒業してすぐに警官になったアバッキオは、すぐにその仕事の「矛盾」に気づき始めた。警官が命を賭けて町を守り悪党を逮捕しても大衆は恩知らずで、悪党どもは金さえ積めばすぐに保釈される世の中だ。悪人からワイロを受け取るようになり、堕落していったアバッキオ。そしてついには、自分の行いが原因で相棒を死なせてしまい、身も心も「暗黒」へ落ちていったのだった…

 

ポルポの遺産を回収するため、ヨットでカプリ島へ向かうブチャラティ一行。

ヨット上でナランチャ、ミスタ、フーゴが敵スタンドに襲われて忽然と姿を消し、ジョルノは自ら犠牲となってアバッキオブチャラティに謎の解明を託す。

アバッキオは自らのスタンド「ムーディー・ブルース」でナランチャの過去の行動を「再生(リプレイ)」する。ナランチャは剣のような敵のスタンドに刺され、空気が抜けたように爪も肉も骨もペラペラの状態で船のパイプの中へ引きずり込まれていた!

 

ジョルノが蠅に変えたナランチャの靴の行方を頼りに敵を追跡するアバッキオブチャラティブチャラティスティッキィ・フィンガーズでパイプを切開するが、そこにいるはずのナランチャが見当たらない。ムーディー・ブルースがパイプの中に閉じ込められたことから敵スタンドのもう1つの秘密に気づいたアバッキオだが、彼までもが敵の餌食となってしまう。

 

ヨット上に独り残されたブチャラティ。敵はどこかに隠れたまま、ブチャラティからポルポの隠し財産のありかを聞き出そうとする。

しかしブチャラティは、アバッキオが流した血痕が甲板の表で途切れていたことを手がかりに、すでに敵スタンドの謎に気づいていた。スティッキィ・フィンガーズが船底に開けた穴から海水が流れ込み、ヨットの表面からもう一隻のヨットが剥がれ落ちる。ついに姿を現した敵・ズッケェロ。彼はスタンドでヨットをペラペラにし、ブチャラティたちが借りたヨットの上にかぶせて隠れていた。そしてその表面の薄っぺらの船の中を移動して攻撃していたのだ。

船は『2隻』あったッ!

 

ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」 アニメ第6話「ムーディー・ブルースの逆襲」感想

5部では、それぞれのギャングメンバーの背負っているものが次々に明らかになっていきます。原作では後々のフーゴメインの話で出てきたアバッキオの過去話。アニメ版では今回の話の冒頭に来ていました。アバッキオにスポットが当たる回なのでこっちのほうがしっくりきますね。

 

先週の第5話で海外の反応を読むまで気づかなかったのですが、アニメではヨットに番号が振られていて(「LAGOON 1」と「LAGOON 2」)、船は2隻あった!の伏線になっていたのですね〜。今週の話でも、要所要所でさりげなく、でも意味深にアピールされてました(知らないで見てたら気づかない程度に)。視聴者も一緒に謎を解いていくような改変、素晴らしいです。

ただでさえこのスタンドは分かりづらくて、謎を解けたアバッキオブチャラティ、天才かよ…って感じなので、「マストの番号で最初から違和感を抱いていた」っていうのが鍵になったことで謎解きがより自然になりました。

 

そして今週はアバッキオのスタンド「ムーディー・ブルース」が登場。トーン音みたいな演出がかっこいい。原作から能力を引用します↓↓

スタンド名「ムーディー・ブルース

本体:レオーネ・アバッキオ

 

能力:その人物に起こった『過去の出来事』を録画したビデオのように現在まで「再生」して見ることができる。

①「再生」中のスタンドは防御も攻撃もできない。無防備状態となり、自由なコントロールは不可能となる。

②「再生」を解けばコントロール可能。

今後いろいろと活躍しそうなスタンドです!!

 

f:id:diamondpuppy:20181110024817j:plain

 ナランチャの再生シーン。ナランチャは原作の序盤はだいぶ画風が幼かったようです。アニメの方が若干男らしくて筋肉質。

 

ブチャラティ vs ズッケェロの会話シーン(「ウミネコだ」〜)は、BGMなしの静かな中でのブチャラティの一見脈絡の無い喋りがめちゃかっこよかったです。

いきなり脈絡の無い話からの、急にすごい勢いでキレるっていうのは海外のギャング映画みたいで(パルプフィクションとかで見た気がする)お洒落だな〜って思いました。

 

ズッケェロも原作ではそんなに目立つキャラじゃなかったけど、声優さんがとても好演でした。ズッケェロのスタンド「ソフト・マシーン」のスタンド紹介↓↓

スタンド名「ソフト・マシーン

本体:ズッケェロ

 

能力:その人や物をスタンドの針で突き刺すと風船がしぼむようにペチャンコにしてしまう。射程距離が超ニガテなため広大なところではなかなか攻撃に移れないがヨット戦のように限定された場所なら、この上もなく恐ろしい能力である。人質をとるのに最適任のスタンド。

1人で闘うよりも誰かと組んだ方が役立ちそうなスタンドかもしれません…。 

 

そしてED後に冒頭のアバッキオの過去話からの続き、ブチャラティアバッキオの出会いシーンが!! 

「大切なのは結果ではなくそこに至る道筋だ」「俺のチームに来い 過去に縛られたまま死ぬな」

暗い雨の中に見えた一筋の光…!みたいな演出が素晴らしかったです。ここも映画みたいで鳥肌。ブチャラティかっこよすぎて、今週だけ見ると完全に主役…!汗

 

今週からウルトラジャンプのCMもブチャラティ仕様になりました。あと、アプリ「ジョジョピタパタポップ」のTVCM初めて見た〜と思ってたら、今ログインするともれなくCM放送開始記念でジョルノがもらえるキャンペーンやってるみたいです。

 

来週の第7話はミスタ回です。アニメ版、原作に忠実に進めつつ、よりベターになるようにさりげなく改変やオリジナルシーンを追加してくれて今の所素晴らしい出来。今後も期待大です!

 

↓第6話「ムーディー・ブルースの逆襲」 海外の反応↓

 

↓次の回:第7話 感想↓

 

↓前の回:第5話「ポルポの遺産を狙え!」感想↓