ほしをみる

「ジョジョの奇妙な冒険」海外の反応まとめ、情報発信ブログ。

【ジョジョ アニメ感想】第5部「黄金の風」 第5話「ポルポの遺産を狙え!」

ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」 アニメ第5話「ポルポの遺産を狙え!」あらすじ

f:id:diamondpuppy:20181103034227j:plain

 出典:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』公式 (@anime_jojo) | Twitter

 ポルポが自殺したという噂は瞬く間に組織に広まった。ポルポは牢獄に入る前、50億リラもの自分の財産をどこかに隠していたと言われている。組織に収めれば幹部になれるほどの大金だ。

その頃、イタリアの街中を車で疾走する2人の男。ポルポの代わりにその金をどこかに隠したのは彼からの信頼が最も厚かったブチャラティに違いないと確信し、ブチャラティもその金を回収するために動き出すと踏んでいる。話も半ばで、緑色の髪の毛の男が忽然と姿を消す。

 

ジョルノはブチャラティに連れられ、他のチームのメンバーと対面する。アバッキオ、ミスタ、フーゴナランチャの4人とも、クセの強そうな面々だ。ジョルノはアバッキオに尿入りの「お茶」を飲まされそうになるが、歯を一本クラゲに変えて吸い取らせることで乗り切る。

そして4人は、実は100億リラの隠し財産を回収するために船でカプリ島へ向かう。しかし船上で、ナランチャ、ミスタ、フーゴの3人が突然姿を消す。敵は船のどこかに隠れてスタンドで攻撃してきている!

ジョルノのスタンド能力で、3人は姿は見えないが生きていることがわかる。ブチャラティは、アバッキオスタンド能力なら敵を倒せるかもしれないと言うが、アバッキオはまだジョルノを信用しておらず、スタンド能力を使うことを躊躇う。

ジョルノは、アバッキオが謎を解いてくれることを信じて、自ら敵のスタンド使いに突っ込んでいき、剣のようなもので背中を刺されてしまう…!

ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」 アニメ第5話「ポルポの遺産を狙え!」感想 

今週はしょっぱなからチームメンバー登場かとワクワクしていたら、まずはズッケェロ(声優・高橋伸也さん)とサーレー(声優・石川界人さん)が登場。

原作ではギャングメンバー紹介→ズッケェロ&サーレーの会話→船でカプリ島へ!という流れでしたが、アニメでは時系列でズッケェロ&サーレー→ギャングメンバーと対面からの乗船という流れになっておりテンポがよくなりました。

 

ズッケェロはあんな黄緑色の髪の毛だったのか…。「宇宙の果てを知らないように、そんな噂知らねー」っていうセリフ、ジョジョっぽくていいですね。サーレーは原作では黒塗りで強キャラ感出てましたが、アニメでは普通にピンクの穴あきタンクトップで登場。5部キャラはパンチのある服装ばっかりだな…。

f:id:diamondpuppy:20181103051003j:plain

 

そしていよいよナランチャフーゴ、ミスタ、アバッキオが登場!

やはり4人とも声優さんが安定の演技力!

ナランチャは最初慣れなかったけど、チンピラ感と切れた時の演技がいいですね。フーゴは最初に聞いた時から完璧。ミスタはコメディっ気がある声と喋り方がピッタリです(「教えてくれよぉ俺にだけ↑♪」とかイメージ通り)。けっこう大人っぽい声なので、もうちょっとチャラさと軽さ?は欲しいなと思ったけどそのうち慣れそう。アバッキオは異論なし。ドスがきいたいい声です。

 

初対面シーンはほぼ完璧に原作再現。フーゴの切れ演技も良かったです。

アバッキオの「いいですとも」が消えたのと「お茶でも飲んで話でもしようや…」のゴゴゴ感がさらっと流されてしまった…。でもアバ茶のきちゃない感じはキツくなってました。

f:id:diamondpuppy:20181103052133j:plain

乗船前には、街をみんなで歩いてヨットを借りに行くオリジナルシーンが追加されていました。またしても「4」番のヨットを嫌がるミスタ。笑 お菓子と飲み物を買い込んで遠足気分のナランチャも可愛い。5部はチームのくだらん会話や面白やり取り(主にミスタとナランチャ)がちょいちょい出てくるのが魅力ですが、いいテンポで再現されているのでこれからも期待大。

このシーンでも、ブチャラティのカリスマ性と一般市民からの信頼の厚さが描かれています。5部の舞台となるイタリアでは、警察よりもむしろギャングが街を守ってくれる存在として頼られていることがよく伝わってくるナイスなアレンジですね〜

 

「隠し財産の額は!100億リラだッ!」のブチャラティの華麗なジョジョ立ちも完全再現。笑 ちなみに原作での金額は噂では4億→実際は6億となっています(単位が円なのかな)。

スタンドに襲われるシーンでは、急にフィルターがかかったような色合いになって不穏な空気に。船の上でナランチャとミスタがふざけてるシーンからのギャップが良かったです。

 

5話になっても作画のクオリティ全然落ちないし、新キャラの声優さんの演技力も素晴らしくて、今のところ文句の付けどころがない感じです。

来週は第6話「ムーディー・ブルースの逆襲」。5部の魅力はやはり熱いバトルシーンの数々だと思うので、今後も楽しみです!

 

↓次の回:第6話「ムーディー・ブルースの逆襲」感想↓

 

↓第5話「ポルポの遺産を狙え!」 海外の反応↓

 

 

↓前の回:第4話「ギャング入門」感想↓