ほしをみる

「ジョジョの奇妙な冒険」海外の反応まとめ、情報発信ブログ。

【ジョジョ アニメ感想】第5部「黄金の風」 第4話「ギャング入門」

ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」 アニメ第4話「ギャング入門」あらすじ

f:id:diamondpuppy:20181027010040j:plain

 出典:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』公式 (@anime_jojo) | Twitter

ライターの「再点火」を見た者を無差別に襲うポルポのスタンド、ブラック・サバスに襲われたジョルノ。ジョルノは、これが入団試験であったとしても、無関係な老人をゴミクズのように殺したブラック・サバスを倒すことを決意する。

 

しかしブラック・サバスは影の中であればジョルノのゴールド・エクスペリエンスよりもパワーもスピードも格段に上。さらに、ブラック・サバスは再点火を目撃した康一をも襲う。倒すには影の届かない日光の下に引きずり出すしかない!

日没の迫る中、ジョルノと康一は日の当たっている場所へと移動するが、飛行するカラスの影の中から追ってきたブラック・サバスに捕まってしまう。

 

康一はエコーズ・3FREEZEでジョルノの足を捕えたブラック・サバスの手を重くするが、このままではジョルノの足の骨が砕けてしまう。しかしその瞬間、ジョルノは3FREEZEによって地面に空いた穴から木の根にゴールド・エクスペリエンスを叩き込み、影を作り出していた木を枯らすことでブラック・サバスを日光のもとに晒し無駄無駄ラッシュを叩き込む!

 

翌日、ジョルノは火のついたライターをポルポへと届け、無事パッショーネへの入団試験に合格する。ジョルノはポルポの監房にあったバナナを銃に変え、自殺に見せかけて始末する。

そしてジョルノはブチャラティに連れられ、ついに組織のメンバーたちと対峙する…!

 

ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」 アニメ第4話「ギャング入門」感想 

ブラック・サバス戦、「影の中から攻撃してくる」っていう能力に関して漫画ではセリフでの説明が多かったところ、アニメではうまく映像で表現してセリフを削り、15分くらいでとてもテンポよくまとまっていました。

 

ブラック・サバス戦は夕暮れの時間帯のバトル。やっぱり色がついていることによって、あ…どんどん日が落ちてきてる!早く倒さなきゃヤバイ!っていう切迫感が伝わってくるんですよね。アニメだからリアルタイムでどんどん影も伸びてくるし。

あと、影の中では無敵なのに影から出るとシュン…って勢いがおさまるブラック・サバスの恐ろしさとちょっとした滑稽さも際立ってます。

バトルのクライマックスでは色使いが変わるところも本当に好きな演出です。

 

原作を読んでた時によく意味がわからなかった「相手を殴るとゴールド・エクスペリエンスの動きもゆっくりになる(?)」シーンは切られてましたねー。そんな設定ないです…よね?なんだったんだろ?

f:id:diamondpuppy:20181027023413j:plain

 

ジョルノの「無駄無駄無駄無駄ァ!」出てきましたね。少年っぽい声でありながらドスがきいててイメージ通り。

しかしブラック・サバス、1話で退場してしまうのはもったいないくらいかっこいいスタンドでした…。

 

後半で再びジョルノはポルポの監房を訪れます。

先週は気づかなかったけど、ポルポの「ら行」の発音が巻き舌になってるところとか、「ピッッッツァ」「ブチャッッラティ」というイントネーションとか、気持ち悪いと同時に若干イタリア語っぽい雰囲気を感じて好きです〜。

 

「われわれは 金や利益のため あるいは劇場やバスの席を取られたからといって 人と争ったり命をかけたりはしない 争いは実にくだらんバカのすることだ」

ポルポのこんなセリフがあったことすら忘れてましたが、劇場の席を奪い取って命を落としかけた某7部主人公のことが頭をよぎりました…!笑

 

そして康一と承太郎の会話というアニメオリジナルシーンが追加されていましたね!

原作では1話の数ページしか登場しない5部承太郎のまさかの再登場にびっくり。改めて見てもお部屋のインテリアが凝ってて、家族と折り合いの悪い時期に自分の趣味満喫しとるな…とちょっと穿った見方をしてしまいましたがw、原作では承太郎と康一のフェードアウトが尻切れ感あったので、この追加はとても良かったと思います!

 

このシーンが入ったことによって、「ジョジョの世界観とスタンド能力、ジョルノの人間性や目的を紹介する導入部は終わり。次からは5部メンバーたちが活躍します!」という、導入部の終わりをうまくまとめて余韻を残していると思います。

大好きなこのシーンはちゃんと原作に忠実に残してくれていて良かった。

f:id:diamondpuppy:20181027025331j:plain

 

ポルポの最期のシーンは、原作ではポルポの後ろにブラック・サバスが重なってるのがかっこよくて好きだったのですが、規制?なのか撃ち抜くシーンは銃声+壁に血が飛ぶっていう描写に変わってましたね。

 

アニメ版は第1話〜4話でオリジナルシーンも色々追加して、ジョルノの魅力を本当に丁寧に描いていましたね。来週からは他のギャングメンバーも活躍しますが、ぜひぜひ主人公のジョルノはこれからも丁寧に扱ってあげてほしいです…!

 

それにしても、ギャングメンバーたちの絵だけ見せて声は聞かせないという来週への期待が高まるひっぱり方、上手いな〜!来週は第5話「ポルポの遺産を狙え!」。アバッキオのお茶のシーンどうなるんだろう…とか、メンバー同士のテンポのいい掛け合いが楽しみです!

 

↓第4話 海外の反応↓

 

↓次の回 第5話「ポルポの遺産を狙え!」↓

 

↓前の回 第3話「塀の中のギャングに会え」↓