ほしをみる

「ジョジョの奇妙な冒険」海外の反応まとめ、情報発信ブログ。

【ジョジョ アニメ感想】第5部「黄金の風」 第16話「偉大なる死(ザ・グレイトフル・デッド)その②」

ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」 アニメ第16話「偉大なる死(ザ・グレイトフル・デッド)その②」あらすじ 

f:id:diamondpuppy:20190126003733j:plain

自らの死をも覚悟し、プロシュートを道連れに列車から飛び降りたブチャラティ。 しかし間一髪のところでペッシのビーチ・ボーイの釣り針がプロシュートの右手に食いこみ、形勢は逆転。列車から振り落とされそうになったブチャラティは、スティッキィ・フィンガーズで「釣り糸」を攻撃する。ミスタのピストルズNo.6が、「釣り糸を攻撃するエネルギーは釣られた者へ帰っていく」ことをブチャラティに教えていたのだ。

 

ジッパーによって釣り針のついた右腕を切開されたプロシュートは列車の車輪に巻き込まれ、ザ・グレイトフル・デッドの能力は消えていく。自分が釣り上げているのがプロシュートではなくブチャラティだと気づいたペッシはパニック状態になる。しかしその時、車内の乗客が再び老化し始める。プロシュートは車輪に挟まれ瀕死となりながらも、能力を解除していなかったのだ!

 

プロシュートの覚悟を「言葉でなく心で」理解したペッシは、ブチャラティたちを始末しトリッシュを奪うことを決意する。ペッシのビーチ・ボーイは、体を切開しながら避けるブチャラティを執拗に追いかける。ついに心臓近くまで釣り針が到達した時、ブチャラティは自らの体をジッパーでバラバラにし、呼吸も心臓までも止めてしまうという「覚悟」を見せる。

 

ブチャラティは列車の中にはおらず、プロシュートにトドメを刺そうとしていると考えたペッシは列車を止め外へ出る。列車が停止した弾みでバラバラになったブチャラティの体は元へ戻り、2人はついに河原で一騎打ちとなる。

 

ブチャラティはビーチ・ボーイに真っ向から立ち向かい、刺さった釣り針から逆に糸を操ってペッシの首をへし折る。死を覚悟したペッシは、最後にブチャラティの心に「部下を失ったという絶望」を残すため、ジョルノたちが入っている亀を岩に叩きつけようとする。ただのゲス野郎の心に堕ちたペッシにブチャラティは渾身のラッシュを叩きこみ、ペッシは体がバラバラになり死亡する。

 

プロシュートも息絶え、老化の能力は解除されジョルノたちが復活する。そしてブチャラティは、トリッシュスタンド能力が目醒めつつあることを知る…。

 

今 何もしないってのが… オレの… 「覚悟」だ……!

ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」 アニメ第16話「偉大なる死(ザ・グレイトフル・デッド)その②」感想  

列車、釣り糸、ジッパー、老化の能力などすごくアニメ映えする要素が詰まった今週の回(走る列車にしがみつきながらのバトルを漫画で描いた荒木先生もすごい)。

プロシュート&ペッシ戦は原作の長さからしてに4週分になるかと思ってましたが、今週は割とセリフも大胆にカットされ(重要なところはしっかり押さえていたのでok)、3週ですっきりとまとまっていました。

 

ジョジョ5部では頻繁に出てくるワード「覚悟」。暗殺チーム戦に入ってからは毎回、覚悟vs覚悟、ガチな命の取り合いです。相手の覚悟を上回る覚悟を見せられたものが勝つ。

 

プロシュート兄貴の「覚悟」のシーン、グロすぎて規制されるんじゃないか…?と思っていたら原作以上でした;;画面からこっちに血飛沫がめっちゃ飛んでくる演出。。

f:id:diamondpuppy:20190126025814j:plain

ペッシは敵キャラながら戦いの中で目覚ましい成長を遂げていきます。兄貴の覚悟を心で理解してからのペッシ、顔つきも演技もガラッと変わって、声優さんすごい(最終的にはゲスの心に落ちるけど)。

 

後半はブチャラティ無双。バラバラになった心臓のジッパーをスティッキィ・フィンガーズが閉じる演出、良かったです。

f:id:diamondpuppy:20190126025830j:plain

 

ブチャラティが列車から出てくるこのシーンはめちゃくちゃかっこいい。

列車内でのバトルの時間経過とともにだんだんと日が暮れていって、最後は夕暮れの河原での一騎打ちがとても美しいです。

「何よりも『困難』で… 『幸運』なくしては近づけない道のりだった… 

おまえに近づくという道のりがな……」

f:id:diamondpuppy:20190126025844j:plain

 

バトルの結末は、原作ではペッシが亀を岩に叩きつけると見せかけて、実は亀の中に忍びこんで釣り糸でジョルノたちの首をへし折ろうとするという展開でしたが、アニメでは岩に叩きつけようとするシーンでラッシュを叩きこまれます。

時間とテンポ的な問題だと思いますが、「岩に叩きつけようとしていたのは嘘だった」というのがカットされたので、ペッシのゲスの心はちょっとだけ薄まった。笑

 

注目のブチャラティのアリアリラッシュは…え!?なんか声高い!?と最初思ったけど4回くらい聞いたらいいなぁと思ってきました(ASBの印象が強くて何を聞いても最初は違和感があって…すみません)。

 

何よりそのあとの「アリーヴェデルチ」("さよならだ"の字幕フォント)と、

f:id:diamondpuppy:20190126025858j:plain

夕陽をバックに立つブチャラティがめちゃくちゃ良かったです。

原作のコマにある「フオオオオオ〜〜」(でいいのかな?)っていう音までちゃんと鳴ってました。笑

f:id:diamondpuppy:20190126032626j:plain

f:id:diamondpuppy:20190126032612j:plain

 

原作から削らないでほしかったシーンをしいて挙げるとしたら、ブチャラティがNo.6にスマないが心臓を押せないか…みたいなお願いしてるシーンがなくなってたのが残念。。ブチャラティとNo.6の会話や、No.6の解説はところどころカットされちゃってましたね;;心臓を押してるNo.6は可愛かったです。

f:id:diamondpuppy:20190126025748j:plain

 

5部は、バトルの展開に関してはどれもめちゃくちゃ熱くて、ジョジョ歴代随一なんじゃないかと思うくらい好きです。4部を見てた時のような気を抜いたりクスッとできるシーンは全くないですけどね;;緊張感がすごくて引きこまれるので、毎週30分とは思えないくらいすぐ終わります。

 

来週は第17話「ベイビィ・フェイス」。ここまで回を追うごとにどんどん面白くなってきて、まだあと半分以上もあるっていうのが嬉しい。次回はメローネのヤバいセリフや演技も楽しみです。。

 

↓次の回:第17話「ベイビィ・フェイス」 感想↓

 

↓第16話「偉大なる死(ザ・グレイトフル・デッド)その②」 海外の反応↓

 

↓前の回:第15話「偉大なる死(ザ・グレイトフル・デッド)その①」 感想↓