ほしをみる

「ジョジョの奇妙な冒険」海外の反応まとめ、情報発信ブログ。

【ジョジョ 海外の反応】一番不幸な人生を送ったジョジョ主人公は?(ネタバレあり)

今回は、「一番不幸な人生を送ったジョジョ主人公」について海外の反応をまとめていきます。彼らの結末についてのネタバレ記載がありますのでご注意ください。

 

【海外の反応】一番不幸な人生を送ったジョジョ主人公は?

1.海外ファン

仕事中に「ジョリーン」という名前のお客さんが来て、そういえば徐倫の人生は本当に悲惨だったよなぁ…と思って。

 

2.海外ファン

ジョニィの人生はめちゃくちゃ大変そう

 

3.海外ファン

ジョニィの場合、多少自己責任もあるけど。

 

4.海外ファン

忘れられがちだけど、ジョニィは作中で結構やらかしてる。

・ネズミを夕食のテーブルに持って行った

・ネズミを始末するように言われたのにしなかった

馬術用具の手入れをしなかった

・他人を見下して列に割り込んだ

 

5.海外ファン

忘れられてるとは言えないと思うな。ジョニィが最低な奴だっていうのは普通に描かれてるし、「ゼロに戻る」というのは贖罪の物語ってことだと思う。

 

6.海外ファン

「忘れられてる」っていうのは違うかも。「荒木先生はジョニィの回想話をかわいそうな物語として描いているけど、実はほとんどはジョニィ自身が招いたことだ」っていう表現が近いかな。

 

7.海外ファン

各部のストーリーの最後で、ジョナサンは結婚して幸せになった。ジョセフは家族に恵まれた。承太郎は多くの人を救った。仗助は杜王町で平和に暮らしてる。ジョルノはパッショーネのボスになった。徐倫は一応アイリンとして生きてる。ジョニィ・ジョースターは足が不自由で、親友を失って、結局男の子も助けられなかった。つまりジョニィが最悪じゃないかな。

 

8.海外ファン

ジョナサンの方が悲惨じゃない?赤ん坊の時に母親が亡くなり、飼い犬は生きたまま焼かれ、人生の半分はディオによってめちゃくちゃにされ、目の前で父親を失って、家も燃やされ、師匠も失くし…最後には兄弟を倒さなければならないんだからね。ついにハッピーエンドかと思ったら、船の上で全ての希望を打ち砕かれてしまった。そう考えるとジョニィは自分の子供が産まれるまで生き延びられただけマシかも。

 

9.海外ファン

逆に一番幸せそうなのは仗助かな。友達を失ったけど、それはジョセフもだし(ジョセフの方が近しい友人を亡くしてる)。仗助はボコボコにされる程度で済んだけど、ジョセフは腕も失ってるし。仗助には優しい母親がいたけど、ジョセフは孤児だった。それから、ジョセフは第二次世界大戦の時代を生き抜いて、仗助は比較的平和な90年代〜2010年代に暮らしてる。

 

10.海外ファン

一番マシだったのは仗助で間違いないね。数ヶ月のスタンドバトルの後にはまた平和な日常を取り戻してる。ジョルノも目的を達成したという意味では幸せだけど、子供時代が不幸すぎるからなぁ。

 

11.海外ファン

ジョニィでしょ。妻を救うことができたと思ったら今度は子供が犠牲になって、最後にはあんなことに…

 

12.海外ファン

「神よ…あなたは…連れて行く子供を間違えた……」

 

13.海外ファン

承太郎。母親があんな状態なのに父親が帰ってこないし、1970年代生まれってことは白人のハーフってことで差別されたりしたんじゃないかな。子供時代はすごく幸せそうなのに高校生になってあんなにグレるっていうのは何かあったとしか思えない。

4部や5部でもスタンド使いの調査に追われて妻や娘といい関係を築けず、父親としても、悪を倒す守護者としても役割を果たしきれないままプッチ神父に倒されてしまって…承太郎の人生もなかなか悲惨だと思う。

 

14.海外ファン

ジョナサンもかなり悲惨だよ。

・人生初の大イベントが馬車の事故。

・5歳の時に溺れかける

・ディオによって数ヶ月のうちに人生を滅茶苦茶にされる

・少し事態が良くなってきたと思ったら、ディオに父親を殺され、その後のバトルで死にかけた挙句に家を燃やされる。

たった20年間の人生で色々ありすぎ。

 

15.海外ファン

幼少期で言ったら(少なくともギャングの男を助けるまでは)ジョルノが最悪だね。でもやっぱりジョニィが一番悲惨かな。徐倫の人生も苦労に満ちてるよね。「ジョジョ」として人生を送ることは試練だと思う。

 

16.海外ファン

ジョニィっていう人が多いけど、少なくともジョニィは高校生くらいまでは好き勝手やってる金持ちのガキとしてある程度幸せな人生を送ってるからね。7部の終わりには足も動くようになったし、少なくともジョナサンや徐倫より長生きしてる。

本当に悲惨なのは徐倫でしょ。多感な時期に父親と一緒にいられなかっただけじゃなく、恋人のせいで刑務所行きになってしまうし…。その上ようやく会えた父親は昏睡状態になって、死にそうになりながら旅を続ける中で、目の前で仲間を全員失い…父親を取り戻したと思ったら結局助けられない。ひとつ問題を解決すると、次々と問題の山が目の前に現れる苦悩に満ちた人生だった。

 

17.海外ファン

徐倫だと思う。

ジョナサンも若くして亡くなったけど、エリナと結婚することができたし、ある程度満足して人生を終えることができたんじゃないかな。ディオが最初に現れた時は大変だったけど、何年かは「友達」として過ごした時期もあったようだし。

ジョセフは家族にも恵まれて人生を全うすることができたし、経済的にも豊かな人生だったと思う。

承太郎はDIOが現れるまではなんの苦労もなく生きてそうだし、いい関係ではないけど妻子を得ることができた。旅の途中で仲間を失ったのは可哀想だけどね。

仗助は明らかに歴代ジョジョで一番幸せだと思う。2人の仲間を失ったけど、家族やいい友達に囲まれてる。杜王町はとても住みやすそうなところだしね。

ジョルノは夢を叶えて、地球上でも有数の権力者になった。何人かの友人を失ってしまったけどね。

徐倫は父親の愛を知らずに育ち、ハメられて刑務所に入れられ、ゴキブリを食べ、そして最後には…。やっぱり一番不幸なのは徐倫だ。

7部と8部はまだ読み終わってない。

不幸な人生を送った順にランクを付けるなら、徐倫>ジョナサン>承太郎>ジョルノ>ジョセフ>仗助。

 

18.海外ファン

ジョセフと仗助を除いて、全員かなり不運な人生だと思う。

 

19.海外ファン

徐倫かジョニィ。

徐倫は父親との関係に問題を抱えていたし、最低なボーイフレンドのせいで刑務所に行くハメになった。目の前で仲間を全員失って、やっと分かり合えたと思った父親さえも亡くした。宇宙を救うことが最後の希望だったけど、プッチ神父にも敗れ、ラスボスを倒せなかった唯一のジョジョという汚名を着せられてしまった。

 

ジョニィは父親から憎まれ、優秀な兄の影としての人生を過ごした。有名なジョッキーになって父親に認めてもらおうと思ったけど上手くいかなかった悲しみをごまかすために、欲望に溺れて両足が不自由になった挙句に看護人に虐待された。やっと親友ができて人間性を取り戻してきたと思ったら目の前で彼を失い、後年には家族のために自分の命すらも差し出すことになる…。

うん、やっぱりジョニィが一番悲惨かな。

 

20.海外ファン

承太郎だと思う。彼の父親は家族を顧みずに仕事ばかりしているようだし、取り巻きの女の子にはキャーキャー言われてるけど友達がいたような描写もないし。3部のエジプトへの旅や4部の杜王町でやっと仲間ができたと思ったら、今度は妻や娘と離れることになる。そのせいで娘にはずっと憎まれて、6部でやっと分かり合えたのに、悲惨な最期を迎えてしまう…。本当に可哀想な男だと思うよ。

まとめ

絶対にジョースター家には生まれたくない。と思うくらい歴代ジョジョは苦難に満ちた人生を送っていますね。

家族や友人に恵まれ、比較的マシと思われるジョセフや仗助でさえも、大事な人を失ったり、戦いの中で何度も死にかけてるし。ジョセフは心臓にリングつけられたり、仗助は階段爆発して木片が突き刺さったりしてましたよね。絶対嫌だ(;_;) 

ジョニィは自己責任と批判され(汗)徐倫に同情的な意見が集まっていますね。

確かに徐倫はほぼ本人の落ち度はないのに、あれだけの不幸な人生でも弱音を吐くことなく運命に立ち向かっていき、本当に素敵な主人公だと思います!

でもジョニィも幼少期に父親からあんな扱いを受けたら、グレてしまうのもわかります…。そういう人間臭い主人公がいるところもジョジョの良いところだと思います。

引用元:https://www.reddit.com/r/StardustCrusaders/comments/7q10wc/what_jojo_had_the_worst_life/